なにがみつかる?どうみえる?めがねであそぼう

虫眼鏡や望遠鏡、いろいろな色のセロファン紙・・・ちょっとした道具を使って、いつもとは違う世界の見え方を体験したことはありますか?

「みつけあそび」では、虫眼鏡や顕微鏡でいろいろなものを観察したり、鏡の特性をいかしたかくれんぼをしたり、カラーセロファンやミラーシートを使って工作したりと、ものの見え方をテーマにとことん遊び尽くします。

レンズ・カラーセロファン・ミラーシートなど、さまざまな素材の特性をいかして工作を楽しみながら、光の不思議に迫るこの遊び。広義の“めがね”をかけることで、身の回りの世界の見え方が変わる(=新たな発見ができる)ということを体感します。

 

「理科あそび」の
プログラム一覧